メール配信システムの選び方

無料システと有料システム、大きな違いは?

メール配信システムには、有料システムだけでなく無料で使用できるサービスも存在しています。有料と無料のもっとも大きな違いは、利用できる機能の種類にあるでしょう。無料のメール配信システムは、配信可能な…

HTMLメールとはどんなメール?

メールは、画像ファイルなどを添付して送信することも可能ですが基本的には文字情報だけを相手に伝達するものです。そのため、文章中の重要な部分を相手にアピールしたい場合はカギ括弧などの記号を使って目立た…

マーケティングの便利ツール!メール配信とは?

メール配信とは、メールマガジンに代表されるようなEメールを用いたマーケティングシステムを指します。一斉送信や自動処理などを用いることで、メール送信に関する業務時間の大幅な削減が可能となっています。

有料の場合コストの目安は?

「オンプレミス型」と「クラウド型」がある

メール配信システムは、「オンプレミス型」と「クラウド型」の大きく2種類があります。オンプレミス型(パッケージ型)は、パソコンにシステムをインストールして使うタイプです。ほとんどはシステムを買い取る形式であり、メールサーバーは利用者が準備します。そのため、インストール後の管理は利用者が行うことになり、アップデートやメンテナンスのたびに費用が発生します。一方でクラウド型は、クラウドサーバーを経由してメールを配信します。そのため、パソコンにシステムをインストールする必要はなく、サーバーをメンテナンスする費用も不要です。ただし、メールの配信数や登録するメールアドレス数などに応じて、月額料金を支払います。

メール配信システムにかかる費用の内訳

オンプレミス型でかかる費用は、ライセンス料・サーバー料・メンテナンス代などです。ライセンス料とは、システムをインストールするために支払う費用のことで、250万円前後が平均相場と非常に高額です。サーバー料は、初期費用に3千円~1万円程度、月額料金が2千円~5千円程度かかります。その他にも、アップデート・メンテナンス代などが定期的に発生します。クラウド型でかかる費用は、主に初期費用と月額費用です。初期費用はアカウントの取得にかかる料金で、1万円~5万円前後が平均相場でしょう。月額費用は従量課金制で決まるケースが多く、例えば、メール配信を3千通行った月は約2千円、3万通行った月は約1万5千円といった具合です。

セキュリティ対策、どうしたらいいの?

情報の漏洩はどのような原因で起こっている?

メール配信はあらゆる業種のデスクワークにパソコンが使われている現代のビジネス環境に必須な情報サービスです。効果的な宣伝や企業間のやり取りの記録など様々な用途で利用されていますが、その一方で個人情報…

PCにインストールするタイプとクラウドタイプ、安全面ではどうなの?

メール配信システムには、ソフト等を購入して自社のパソコンにインストールするタイプと、インターネットを介してサービスを利用するクラウドタイプがあります。両社様々な違いがありますが、セキュリティ性能の…

配信の際にウイルスはチェックできる?

メール配信サービスを提供する際に、配信したメールがウイルスに感染してしまい、そのメールをお客さんに送ってしまわないかという不安を持つ方もいるかと思います。ウイルスの感染を防ぐためにまず行うべき対策…