HTMLメールとはどんなメール?

メールの内容をウェブサイトのような形で見せられる

メールは、画像ファイルなどを添付して送信することも可能ですが基本的には文字情報だけを相手に伝達するものです。そのため、文章中の重要な部分を相手にアピールしたい場合はカギ括弧などの記号を使って目立たせることが必要になってきます。取引先の相手から送られてきたメールを目にしたとき、署名の部分が複数の記号を使ってきれいに彩られていて感心したという人も少なくないでしょう。
ただ、実はもっとはっきりと目立たせる方法があるのです。文字情報を送れるということはHTMLも送れるということであり、HTMLのタグを交えてメールを書けば、ウェブサイトのようにタイトルだけ大きくして目立たせたり、背景に色をつけることも可能です。こうしたメールをHTMLメールと呼びます。

すべてのメールソフトがHTMLのタグを解釈できるわけではない

HTMLメールのよさは視覚的にとてもわかりやすくできるという点でしょう。たとえば、オンラインショップのセール情報をユーザーに送信する場合、商品名とリンクの羅列という形で送るよりは、HTMLメールを利用して商品の画像を表示し、画像をリンクするだけで購入するためのページにアクセスできるようにした方がインパクトを与えられる可能性が高いです。
ただ、HTMLメールを利用する場合は一つ、注意しなければならないことがあります。それは、メール受信者の環境によってはHTMLがビジュアル化されないという点です。セキュリティなどの観点からデフォルトの設定でHTMLメールを無条件で表示しないメールソフトが存在したり、そもそもHTMLのタグを解釈できないソフトも存在するからです。

メール配信による宣伝は特定の顧客を囲い込む効果があります。メール配信のサービスを手掛ける業者へ委託することで世代や嗜好などの条件ごとに効率的な宣伝が出来る他、設定管理に用いる手間を省くことが可能です。