配信の際にウイルスはチェックできる?

怖いウイルスはどう予防すればいいの?

メール配信サービスを提供する際に、配信したメールがウイルスに感染してしまい、そのメールをお客さんに送ってしまわないかという不安を持つ方もいるかと思います。ウイルスの感染を防ぐためにまず行うべき対策に、ファイアウオールやセキュリティソフトを使い、パソコンを保護するという対策があります。USBメモリなどの外部接続デバイスを利用する際も要注意です。そうしたデバイスをパソコンに接続する際には必ずセキュリティチェックを行ってから利用するようにしましょう。中には、メールの内容を改ざんするようなウイルスというのも存在します。それを防ぐには、メールの内容などを暗号化するなどして、改ざんが行われないようにする対策が有効です。

配信前にもウイルスに感染していないかチェックしよう!

その様なウイルス対策を行っていても、配信前に最終チェックをしたいという人もいるのではないでしょうか。現在、多くのメール配信システムを提供している会社では、メール送信前にウイルスチェックを行ってくれるところが多いです。中には、ウイルスを駆除したことをメールの送信者などに通知してくれるサービスを提供している所もあります。この駆除通知から、新たなセキュリティ対策の検討などを行うことも出来ます。さらに、クラウドタイプのメール配信サービスを提供している所には、クラウド上にお客さんの個人情報などを置かないようにして、より安全性を高めている所もあります。このサービスがあれば、万が一ウイルスに感染したメールを送付してしまっても、個人情報などの流出を防げる可能性があります。

メール配信システムの要求機能には、メール作成と送信だけでなく、帳票作成と顧客名簿の管理やメール配信による効果測定等があります。外部システムとの連携も必要で、メール配信APIを使うとシステム構築が容易です