無料システと有料システム、大きな違いは?

無料システムは利用できる機能に制限がある

メール配信システムには、有料システムだけでなく無料で使用できるサービスも存在しています。有料と無料のもっとも大きな違いは、利用できる機能の種類にあるでしょう。無料のメール配信システムは、配信可能な件数やアドレスの登録数に制限があることが多くなっています。小規模な形で運用していく場合には問題がないかもしれませんが、配信先が増えてきた場合には不便を感じることもあるでしょう。また有料システムは独自ドメインを設定することができますが、無料の場合は不可となっていることが多い傾向です。その他にステップメールへの対応や各種管理機能等、無料では使用できない機能がいくつか存在しています。制限はあるものの、コストをかけずに活用できるのが無料システムの魅力です。

サービス提供元による広告の有無

無料システムを使用してメール配信を行うと、サービス提供元による広告が挿入される場合があります。これはメール配信サービスが自動的に挿入するものですので、広告内容等を指定することができません。意図しない広告がメールに掲載されてしまうため、使いにくいと感じる方もいるでしょう。メールの内容に合わない広告が頻繁に掲載されていると、読者側が不信感を覚えてしまうかもしれません。有料システムによるメール配信であれば、こうしたことは起こりません。独自ドメインや独自IPによる送信も可能となりますので、メールの信頼性をより高めることができるでしょう。無料と有料それぞれのメリットを比較し、最低なメール配信システムを選ぶことが大切です。