情報の漏洩はどのような原因で起こっている?

人為的なミスが原因の多数を占める

メール配信はあらゆる業種のデスクワークにパソコンが使われている現代のビジネス環境に必須な情報サービスです。効果的な宣伝や企業間のやり取りの記録など様々な用途で利用されていますが、その一方で個人情報などの重要なデータが外部に漏洩するリスクもあります。データの盗難を目的としたウイルスの感染からトラブルが起こるイメージがありますが、実際は人為的なミスから情報漏洩が起こるケースが殆どです。USBメモリなど扱いが簡単な記録媒体が普及したことが背景になっています。オフライン管理されているパソコンからも情報が流出することがあるのも人為的なミスによるものなので、パソコンを扱う人は情報管理の重要性を見直す姿勢を持つことが大切です。

誤送信や安易なコピーを防ぐためのポイント

人為的なミスの中にはメールの誤送信も含まれます。特に類似した名称の別組織に誤って送信してしまうケースが多く、メールを配信する際はアドレスの登録を慎重に行うことが重要になります。また、メール配信には複数の相手にまとめて送信する機能がありますが、その際に誤送信が生じることもあるので注意が必要です。メールに添付するファイルの取り違えも情報漏洩に繋がることから、メールを送信する前には複数の人に中身をチェックしてもらうのが誤送信を防ぐための工夫です。情報漏洩は人為的なミスで起こるトラブルなので、データのやり取りを行う人が認識を改めるのが最も効果的な予防対策になります。データの安易なコピーを避け、メールの送信も自分ひとりで勝手に行わないなどの工夫がトラブルを起こさないためのコツです。